FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NewパイプGET

件のイギリスですが、
クライアントの方が日本びいきだと聞いていました。

ならばお土産は何にしようかと悩んだ末に持っていくことにしたのが
キセルでした。

これが結果的に非常に喜んでもらえて色々な喫煙具の交換をすることに。
向こうの方は喫煙の文化はイギリス発祥だというイメージがあるようで、
私がパイプをやるということを聞くと非常に喜んでもらえました。

日本では紙巻きが大多数ですが、(イギリスもそう)
ドイツなんかはパイプなどの喫煙具を使う人の割合も結構なものみたいです。


で、
私も色々と頂いたんですが、その中でも一番凄かったのが
Anne Julieの一点モノのパイプでした。

Anne Julieって何?って方も多いでしょうが、
有名な女性パイプ職人だと思ってください。

最初は部屋に飾ってあったものだったんですが、
全く使っていないらしく、是非使ってくれということで
木箱とセットで頂くことになりました。

いやっほぉぉぉぉう!

個人的にですが、パイプは中道喫煙にさえなっていなければ
カーボンの厚み以外の要素で味は変わらないと思っていたんですが、
これに関してはブレークインから非常に芳醇な香りを楽しむことが出来たように思います。

ちなみに向こうではサミュエル・ガーウィズを吸っていました。
ラム系の煙草は結構吸うんですがこれは旨みが結構強め。
悪名高いラタキアが少し入ってるみたいですが、正露丸臭は薄めです。
もしパイプを吸われる方がいれば是非お試しください。


本当はパイプを自慢したいので写真を撮ろうかと思ったんですが、
カメラが何故か見当たらないんですよね。
私が家を空けている間になんか大掃除したみたいです。

どこになにがあるのか分からない……

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分は煙草吸いませんからね。う、羨ましくないですよ( ´△`)

日本は煙草吸う場所が大分減ってる感がありますが、イギリスはどうなんですかね?
というか、時期的にオリンピックだったんじゃないですか?

Re: No title

えっへっへ。
やっぱり大規模な旅行のお土産には形に残るものはいいですね。
なんだかんだで思い出になりますし。

私が言ったのはエディンバラの方でした。
ロンドンとはかなり離れてまして、
車道も反対車線はかなり混んでました。

観戦とかしたわけではないので私もテレビ観戦人の一人です。
プロフィール

Iris

Author:Iris
CHEメインにやっていきます。
アヌビアス好きな方とか是非。
最近はイカメインかも。

興味のある方はどぞ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。